清瀬、東村山、東久留米、西東京、多摩全域の相続・遺言・許認可・契約書の総合支援

清瀬、東村山、東久留米、西東京
多摩全域、埼玉南部の

相続・遺言は清瀬の新田行政書士事務所
許認可・契約書も新田行政書士事務所

思い立ったが吉日!ご相談お待ちしています!

相続・遺言書・契約
許認可・車庫証明

〒204-0023 東京都清瀬市竹丘3-10-78

042-455-2796

営業時間

AM9:00~PM6:30
月~金 土日祝もどうぞ

初回相談料はいただきません
(電話・面談・メール)

トップページ

公正証書遺言!遺産分割協議!
許認可申請・書類作成も!
総合支援で悩み解決!
思い立ったが吉日!

東京・清瀬の新田行政書士事務所に
ご訪問ありがとうございます。
主な業務は相続・遺言の支援です。

相続、遺言書、遺産分割等の
方法・手続は
法律の決まり
あるのでわかりにくいし、面倒。

そこで要点だけ、解説いたしますので
まずは、お気軽にお読みください。
許認可申請・書類作成のお手伝いも
しています。詳しくは該当ページ
でご確認ください。

①「遺言書」の作り方
遺言書には種類があります。主に
①自筆証書遺言
②公正証書遺言 が使われます。
誰に、何を、どのくらい・・・
先ずは遺言の内容を決めましょう。
そして、遺言書の種類を決めてから

自筆証書遺言を作るには・・・
全文、氏名、日付を遺言者がすべて
自書、押印して作成します。
費用はそれほどかかりませんが
遺言執行に手間がかかります。
自筆証書遺言は
検認手続という
家庭裁判所の手続をしないと遺言執行
ができません。

遺言書の保管を自己責任でしなければ
ならないので紛失・改ざんの恐れも
あります。

公正証書遺言を作るには・・・
文案を作成して戸籍謄本・財産書類等の添付書類を提出し、先に公証役場公証人と打ち合わせ、後日、公証役場にて公証人が作成した文案に遺言者・証人2名と署名押印して作成します。
公正証書遺言は
公証役場で原本を保管
しますので紛失・改ざんの恐れは
ありません。公正証書遺言は
検認手続無しですぐに遺言を執行できます。

ただし、公証役場の手数料がかかり
遺言内容が公証人・証人に知られて
しまいます。

当事務所では・・
遺言書文案の作成・遺言書作成の支援公証役場の手続・戸籍謄本の取得・
証人の手配のお手伝いをいたします
遺言の詳細は下記ページで確認するか
又は事務所へお問合せください。

⇒遺言書の作成 詳しい内容はこちら

➁「相続手続」の流れ

まず相続人の調査・確定をします。
相続人の調査・確定は被相続人の
生まれた時から死亡までの戸籍謄本を
取得して調べなければなりません。

それを基に相続人関係図を作成します
その後の相続手続に必要になる書類
です。正確に作る必要があります。

次は相続財産の調査・目録を作成。
不動産、預貯金、動産、有価証券等
被相続人宛の郵便物、通帳等から確実に調査しましょう。特に借金の有無
相続の承認・放棄に関係しますので
注意深く探してください。

同時に遺言書の有無も調査しましょう
遺言書は遺産の分け方、遺産分割禁止
等も指定できますので、遺産分割に
重要な文書になります。

その後、作った財産目録を基にして
相続開始を知った時から3ケ月以内に
相続を承認するか・放棄するか
を決めます。放棄は個別にできます。

参考:相続放棄は家庭裁判所に申述の申立てをしなければ放棄できません。

相続開始を知った日の翌日から
10ケ月以内に相続財産の金額に

よっては相続税申告が必要です。

参考:相続税基礎控除額
3000万円+600万円✕相続人の人数
相続財産が基礎控除額の範囲内ならば
申告の必要はありません。
基礎控除額を超える場合でも
配偶者軽減、小規模宅地控除等の
相続税の軽減制度があります。

相続人と相続財産が確定したら
遺言書があれば、その内容に従い

遺言書が無い場合は

相続人全員で遺産分割協議をして
遺産分割協議書を作成します。
相続人が一人でも欠けて行った
遺産分割協議は
無効になります。
ご注意ください。

遺産分割協議書(又は遺言書)を基に相続財産(不動産・動産・金融機関)の分割手続・移転手続を行います。
不動産登記手続、金融機関手続に

遺言書又は遺産分割協議書
必要不可欠です。遺言書又は
遺産分割協議書に従って、相続財産を
相続人に分けて相続手続は完了します

当事務所では・・・
戸籍謄本の取得、相続人関係図の作成
相続財産目録の作成、遺言書の調査
遺産分割協議書の作成
金融機関の解約・移転の手続、
自動車の名義変更
のお手伝いをします
相続手続の詳細は下記のページで確認
又は直接、事務所へお問合せください

⇒相続手続の詳しい内容はこちら

さらに詳しく手続・方法を聞きたい時は
事務所に問合わせてみませんか?
初回の電話相談・初回の面談・メール相談の相談料は
いただきません。依頼につながらなくてもけっこうです。

⇒相続・遺言の詳しい解説をしたブログはこちらから 是非、参考に立ち寄ってみて下さい。
当事務所では相続・遺言支援業務の他
各種許認可申請・書類作成の支援もしております。
該当ページをご覧ください!

主な業務内容・業務報酬について

主な業務内容と主な業務報酬

遺言書作成のお手伝いと業務報酬

遺言書文案作成、公正証書遺言作成、遺言執行者就任、遺言執行手続のお手伝い

遺言書文案作成に公証役場手続込みで
50000円(消費税別)

他、遺言執行のお手伝いいたします。

*別途、公証役場手数料等がかかります

相続手続のお手伝いと業務報酬

相続人調査、相続財産調査、財産目録作成
遺産分割協議書作成のお手伝い

遺産分割協議書・相続人関係図作成含む
50000円(消費税別)

金融機関手続 1行に付き
10000円(消費税別)

戸籍謄本調査・取得代行
10000円(消費税別)~

他に財産目録の作成、相続人関係図作成
だけでも承ります。

*金融機関・役所は別途、手数料が
 かかります。

 

詳しい業務内容について

行政書士とは

行政書士の業務内容については行政書士とはのページで確認できます

相続手続について

遺言書作成について

遺言書の作り方の
ページで確認できます

 

お問合せ・ご連絡はこちらから

新田行政書士事務所への
ご相談・お問い合わせは
電話・FAX・メールで
お知らせください。